トイレのお水が止まらない! その時の解決法

トイレのお水が止まらない!

昨日までちゃんと使えていたトイレが急に機嫌悪くなったりしたら心配ですよね。

「一晩中チョロチョロお水が流れていて水道代も心配だわ。なんとかしてちょうだい」
こういうお問合わせもよくいただきます。

そんな時ご安心ください!ライフアップセンターがついています!

洋風便器のチョロチョロの場合はタンクのゴムパッキンが古くなってい可能性があります。
タンクの底の方にあのでちょっと面倒ですが、丸い排水栓(フロートバブ)がありますので軽く手で押さえてみてお水が止まればおそらく部品交換です。
強く押さえとバブの取付部が外れてしまうことがありますのでご注意を。
(機種によって手で触れ位置にバブがないものもあります)

 

 
↑TOTOさんのホームページより拝借しました

「うちの場合はチョロチョロどころじゃないぞ!」
という場合はタンクの中、水面近くにあ大きなウキ(浮玉)をご確認ください。
このウキが水面の位置を感知し自動的にお水の供給を止めてくれます。
それがうまく作動されていなかったり、排水栓へつながクサリが外れていたりすとお水が止まらない原因になります。

それでも治らない場合は、ボータップのパッキンが傷んでい可能性があります。
また小便器や直結型(水を貯めタンクのない便器)の場合はこの方法では解決できません。どちらにしても修理が必要になります。

器用な方はホームセンターなどに材料も売ってますのでご自分でされても良いかとは思いますが確実に治すならプロが安心。
業者に頼めば材料費込みで8000円から20000円ぐらいが相場になります。(場所・箇所・機種によります)

「こんなときはどこに頼めばいいの?」
お気軽に水道工事業者さんかライフアップセンターにご相談ください!
買ったときに保証サービスに入って場合は、取り付けてくれたお店に相談すのが一番ですね!
ちなみにこの問題で床が大洪水にな心配はございません。

■いまどきトイレの節水事情

ところで水のチョロチョロを治しに伺うのですが、タンクの中に水の入ったペットボトを入れられていお客様をよく見かけます。
節水のためにということですが故障の原因となりますのでオススメできません。
それに流す水の量が単純に少なくなので、流れないときは結局2回流すことになりそれだけ不経済になかもしれません。
しかし地球環境のためにも、お財布のためにも節水はとても大事ですよね。

今から約20年前より古い便器を使っていらっしゃ方は「大」を一回流すと約13Lのお水を使っていました。
4人家族が1日2回365日使うと一年間で37,960Lのお水を使うことになり、お風呂190杯分1杯200Lとして)に換算できます。

ト・トイレって・・結構お水使うんですよね・・・
書いていて僕もビックリです\(◎o◎)/

ご存知かとは思いますが最近節水型便器が標準になっています。
日本の主要メーカーのカタログを見
TOTO ネオレストAH,RH    大3.8L/小3.3L/eco小3.0L
LIXIL(INAX)ECO4  大4L/小3.3L
パナソニック NewアラウーノV  大4.6L/小3L
タカラスタンダード ティモニU      大4.8L/小4L
ジャニス工業 CoCoClean 大6L/小4.5L
アサヒ衛陶 エディ節水        大4.8L/小3.8L

新しい便器に取り替えて、1回7L節水できたとしたら
一年間でお風呂102杯分の節水ができ計算になります!

最近の便器は「フチ無し」や「抗菌コーティング」などでお掃除も抜群に楽になっていますし、
トイレのリフォームが地球環境とお財布の救世主になかもしれません!

 

ご意見やご感想などがありましたらぜひお願いします。
⇒ ご意見・ご感想はこちらへ!

賢人住まいる倶楽部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です