和の格調を現代風住宅に取り入れた広縁付きの和室

床の間のある和室に広い縁側というのは最高の贅沢ですが、現代のライフスタイルに合わせてバリアフリーとし、建具の高さも高めに設定しました。
広縁のアルミサッシは木目に合ったデザインを採用して一体感を演出しました。

遊び心のある曲面壁で和洋の境界を印象的にする

和室を床張りにして邸宅レストランに改装しました。
かつて押入れであった部分をトイレとし、その壁を出っ張らせることで広さを確保しています。
丸窓の明かりも相まって、視覚的な面白さと利便性を兼ね備えたリフォームを狙いました。



広くて明るいトイレがお望みでした

カウンターのある広めのトイレと将来のことを考えた手すりを採用しました。
最近は窓のないトイレもよく見かけますが、広めのトイレには外光を積極的に取り入れるとさらに開放感が増します。

スリット壁とベンチのあるホール

リビングと一体となった無垢材の床で繋がったホールには、お客様がちょっと一休みできるベンチを設けました。背中の壁を天井まで伸びたスリットにすることでより広く元気があふれるスペースになると考えます。


外部への拡張性があるLDK

将来サンルームやウッドデッキを設けることによって、自由にスペースを拡張できます。
家族の数が増えることで外部にも広げるということも当初から計画に取り入れています。

 

お気軽にご相談ください。0745-52-1515営業時間 8:00-17:00 [ 日・祝・第3土曜日除く ]

お問い合わせはこちら