新着

リフォームにはいくらかかる?コストを下げる方法もご紹介!

ご自宅のリフォームを検討されている方はいらっしゃいませんか。
リフォームはそう頻繁にするものではありませんし、リフォーム費用はいくらかかるのか、またどのようにしたらコストが下げられるのかなど、見当がつきにくいですよね。
そこで今回は、リフォームの費用相場と、コストを下げる方法についてご紹介します。

 

□リフォームの費用相場とは?

ここでは、場合に分けてリフォームの費用相場をご紹介します。

キッチンや浴室、壁紙など、内装の部分的なリフォームを行う場合には、200万円から500万円ほどかかります。
グレードを上げるのではなく、現状を回復するためだけなら200万円ほどで足りるでしょう。
しかし、グレードを上げたいのであれば500万円ほどかかる場合もあります。
家全体のリフォームよりはコストがかからないため、原状回復だけで良いという方には部分的なリフォームがおすすめです。

築年数が長く、全体的に劣化が見られる場合には、家全体のリフォームをおすすめします。
家全体のリフォームは最低でも1000万円はかかると言われています。
部分的なリフォームに比べて、家全体のリフォームは費用も規模も大きいです。
家全体のリフォームを検討する際には、きちんと計画を立てた上でリフォーム会社に依頼しましょう。

 

□リフォームのコストを下げる方法をご紹介!

それでは、リフォームのコストを下げる方法を3つご紹介します。

1つ目は、設備や素材のグレードを落とすことです。
この方法は、予算をオーバーしてしまったときに役立ちます。
商品や設備にこだわりがないのであれば、自分の生活に必要な機能だけを備えたものにしましょう。

2つ目は、まとめてリフォームすることです。
例えば浴室やトイレなどの水回りや、外壁と屋根などはまとめてリフォームするとコストを下げられる場合があります。
なぜなら、配管工事や足場の設置が1回で済むからです。
数年後にリフォームする予定があるという方は、段階的にリフォームをするのではなく、同じタイミングですることをおすすめします。

3つ目は、補助金制度を利用することです。
リフォーム内容にもよりますが、国や自治体からの補助金を受け取れる場合があります。
リフォーム予定の箇所が補助金制度に当てはまるか調べてみると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、リフォームの費用相場と、コストを下げる方法についてご紹介しました。
リフォームをする際に参考にしていただければ幸いです。
また当社では、リフォームのほかリノベーションも行っております。
もしご興味があればお気軽にお問い合わせください。

注文住宅をご検討中の方必見!おすすめの設備についてご紹介します!

水回りのリフォームの費用相場とは?注意点もあわせてご紹介します

関連記事

  1. 注文住宅をご購入予定の方必見!依頼する会社の選び方とは?

    2021.02.25
  2. 注文住宅をご検討中の方必見!打ち合わせの流れと注意点をご紹介します

    2021.03.24
  3. 注文住宅をお考えの方必見!予算の決め方を解説!

    2021.01.30
  4. キッチンのリフォームを成功させたい!ポイントを紹介します!

    2021.02.03
  5. 注文住宅の予算オーバーはどのように解決する?おすすめの解決法をご紹介します!

    2021.03.29
  6. 水回りのリフォームにはどれくらいの期間が必要?リフォームを行うタイミングもご紹介…

    2021.04.02

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


家価値60年サポート
ライフアップステージ
R+house大和橿原
耐震シェルター レスキュールーム
PAGE TOP