新着

住宅ローン減税(控除)のメリットとデメリット

住宅ローン控除 減税

今お住まいをローンで購入しようと考えている方は、住宅ローン減税(控除)を受けることをオススメします。

正式名称は「住宅借入金等特別控除」という制度です。
これは工務店やハウスメーカーの資金相談の時点で必ず教えてもらえることですが、事前に知っておいた方が安心ですね。
最近は実際にいくら税金が戻ってくるかシミュレーションしてくれるお店も増えています。

簡単に言うと、今住宅を購入されると(中古でも新築でも)あなたが納める予定の所得税または住民税から10年間一定の額控除されると言うものです。

控除額は?

控除される一定の額というのはその年のローン残高の1%で、最大年に40万円と決められています。

10年間も税額が控除されるってとてもお得ですね!
もちろん10年以上のローンを利用する方に限られますが、使わない手はありません。

利用には一定の制限がありますが(年間所得が3,000万円以下であるなど)殆どの新築住宅購入者はこの恩恵を受けることができます。
※中古住宅を購入される場合はさらに別の条件がつきます

ローンの期間が10年以上であれば、頭金の額、ローンの利率にかかわらず、また金融機関がどこであっても受けることができる大変お得な制度です。

消費税増税で減税制度がさらに拡充

さらに、消費税が10%に上がったら、負担軽減のため控除される期間が13年になるということも既に決まっています。
この措置のおかげで消費税が2%上がってもほぼ吸収されるということになります。

デメリットはないの?

ではローンを組む場合、この制度を使わない事によるデメリットはないのでしょうか?
強いて言えば一年目に確定申告をする必要があることぐらいでしょうか。
これもe-taxというシステムを使えばインターネットで確定申告ができますので、税務署に行く必要もありません。
国税,電子申告,納税システムe-tax

なので、お住まいの購入を検討される方は、工務店やハウスメーカーで是非試算をお願いしてみてください。
たいていの方は控除される額に驚かれると思いますよ!

ちなみにリフォームの場合もローン控除制度がありますが、それはまた別の機会にお知らせしますね。

株式会社関西工務店 代表取締役 吉田泰造

木造住宅に構造計算は必要ないの?

関西工務店の住まいづくりへのこだわり

関連記事

  1. 新築住宅の付帯費用っていくらかかるの?

    2019.02.05
  2. 坪単価の不都合な秘密 その2

    2019.10.21
  3. フラット35の金利は上がるの? 下がるの?

    2019.09.20
  4. 消費税増税で、家を買うタイミングに注意

    2019.01.20

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


家価値60年サポート
ライフアップステージ
R+house大和橿原
耐震シェルター レスキュールーム
PAGE TOP