新着

高気密・高断熱の家ってメリットしかないの?

高気密高断熱

近年、住宅の性能を語る時に「高気密高断熱住宅」という言葉が必ずと言って良いほど出てきます。

私の結論から言いますと
「高気密高断熱はおススメしますが、高気密高断熱だけではダメ」ということです。

まずは言葉の説明をします。

高気密とは?

「高気密」というのは室内の空気を外に漏らさないということです。(逆も然りですが)
空気を漏らさないということは、当然音の漏れも軽減しますが、いわゆる防音とは意味が違います。
空気の遮断と考えてください。
魔法瓶のように密閉するという意味が近いイメージです。
しかし実際には密閉のままではなく、窓を開けて換気したり機械によって24時間換気をする必要がありますので、それらを考慮した設計がされるのは当然です。

高断熱とは?

「高断熱」というのは内気温に外気温の影響を受けにくくするということです。

高断熱は日本人の死因として実は交通事故よりも多いという「屋内でのヒートショック」を防ぐことに貢献しています
暖かい部屋からお風呂場に移動しても気温差が僅かで済むというのが大きな事なのです。

冬は暖かく夏は涼しいという表現がよく使われます。
但し夏場は窓からの輻射熱(ふくしゃねつ)の影響があり、単に断熱性能(数値)が良いだけでは室内はむしろ暑くなりすぎる可能性があることを知っておいてください。

高気密・高断熱の性能の判断基準は?

気密性や断熱性を表す数値にはC値(すき間相当面積)やQ値(熱損失係数)、UA値(外皮平均熱貫流率)というモジュール(建築で使う単位)があります。
この詳細の説明は別の機会にするとして、
数字の比較で性能は比べられるとしても、暮らしやすさの比較にはなりません。

私はむしろ数値よりも窓の開き方向や工夫で有効的に風を室内に取り入れたり、ガラスの熱取得量を調整して日射や輻射熱を最適化する「パッシブデザイン」※ のセンスが問われると考えています。

ほら、クルマを買うときもデザインや乗り心地を考えずに燃費の数字だけで買う人はいませんよね?
家もそれと同じだと思うのです。

※パッシブデザインとは、エアコンなどの機械を使わず、太陽の光、熱、風といった「自然エネルギー」を利用する設計思想・設計手法のことです。
この辺りについては今後もっと詳しくお伝えしていきますね。

株式会社関西工務店 社長 吉田泰造

新築住宅の付帯費用っていくらかかるの?

木造住宅に構造計算は必要ないの?

関連記事

  1. エネファームのメリットとデメリット

    2019.12.08
  2. 坪単価の不都合な秘密 その2

    2019.10.21
  3. 坪単価の不都合な秘密 その1

    2019.10.14
  4. 高気密住宅はコロナウィルスに感染しやすいって?

    2020.05.20
  5. 杭と地盤改良の違いについて

    2019.12.28
  6. 木造住宅に構造計算は必要ないの?

    2019.02.09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


家価値60年サポート
ライフアップステージ
R+house大和橿原
耐震シェルター レスキュールーム
PAGE TOP