新着

注文住宅をお探しの方必見!住宅の気密性が大切な理由をご紹介します!

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、住宅の気密性についてです。
今回の記事では、気密性とは何をご紹介します。
また高気密住宅のメリットも併せてご紹介しますので、住宅を建てようとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□住宅の気密性とは

住宅の気密性は何で測ることができるのでしょうか。
実は分かりやすいように家の隙間面積を建物の延べ床面積で割った数値で表されています。
その値をC値といい、C値が少なければ少ないほど気密性が高い建物になります。

どの住宅にも必ず壁、床、窓などに少しの隙間があります。
その隙間を少しでも少なくしようと当社は尽力しており、当社の建てる住宅のC値は低いものとなっております。
隙間が多いと、隙間風が入り込んだり、エアコンの効きが悪かったりするので、住宅の快適さと、省エネの観点から見て良くないです。

□高気密住宅のメリットとは

気密性が高い住宅では以下のようなメリットが挙げられます。

1つ目は部屋の温度を快適に保つことです。
気密性が低いと隙間風が入り、せっかくエアコンで調節した空気が外気と入れ替わってしまいます。
しかし、気密性が高いと、室内と外の空気の入れ替えがあまり行われないので、エアコンの効きが非常に良く、快適に過ごせますし、電気代も節約できるでしょう。

2つ目は光熱費が抑えられることです。
上に挙げたように外気の影響が室内に伝わらないため、冷暖房効率が気密性の低い住宅に比べて段違いに良くなります。
最低限のエアコン稼働率で快適に夏も冬も過ごすためには気密性が大事になってきます。

3つ目はヒートショックを防げることです。
気密性が低いと、部屋ごとの温度が異なってきて、暖かい場所から寒い場所に移動したときに心臓に負担がかかり、ヒートショックと呼ばれる命に関わる症状が起こります。
高齢者の方、生活習慣病を患っている方はぜひ高気密の住宅にしましょう。

4つ目は防音効果があることです。
音は空気が振動することによって伝わってきます。
そのため、室内と外の空気が遮断されている高気密性住宅であれば音が外に伝わりにくいです。
楽器を演奏したり、お子様がいらっしゃったりする方におすすめです。

5つ目は壁の中や床下の結露を防げることです。
室内の湿気が壁の隙間から入り、壁の内部でその湿気が水滴に変わり、結露を起こしている場合があります。
結露が壁の内部で現れるとカビが発生したり、腐敗が進んだりしてしまうので、高気密住宅を選び、壁の中や床下の結露を防ぎましょう。

6つ目は嫌なにおいの発生を防げることです。
高密性住宅であれば換気が効率的に行えるので、嫌なにおいが家の中に充満するのを防げます。

□まとめ

気密性とはと高密性住宅のメリットをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
住宅の気密性の大切さが伝われば幸いです。
当社の注文住宅は気密性が高い住宅なので、注文住宅をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

物で散らかってお困りの方へ!リフォームで壁面収納を取り付けてみてはいかがですか?

災害時の水の確保はお考えですか?

関連記事

  1. 注文住宅をお考えの方へ!玄関ポーチを作る際のポイントについて解説します!

    2021.06.22
  2. 住宅ローン減税(控除)のメリットとデメリット

    2019.02.19
  3. 注文住宅の予算オーバーはどのように解決する?おすすめの解決法をご紹介します!

    2021.03.29
  4. 床の張り替えリフォームの検討時期について解説します!

    2021.06.02
  5. 注文住宅に吹き抜けを設けるデメリットは?メリットと併せてご紹介します!

    2021.04.18
  6. 注文住宅のデザインは防犯の観点から考えることも重要です!

    2021.05.15

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP