新着

注文住宅をお探しの方へ!子育てしやすい間取りについてご紹介します!

お子様をお持ちの方や授かる予定がある方で注文住宅をご検討の方はいらっしゃいませんか。
住宅にも子育て「しやすい」、「しにくい」があります。
今回の記事では子育てしやすい間取りについてご紹介しています。
注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□子育てしやすい内装のポイントとは

以下の点に注意して、子育てしやすい内装を作りましょう。

まず、リビングダイニングを広めに作りましょう。
赤ちゃんや子供は両親と一緒に遊ぶことが大好きです。
そのため、家族が集うリビングやダイニングを機能的に広く作ることで、赤ちゃんと遊ぶ時間が増えますし、なにか作業をしながらでも赤ちゃんを見守ることができ、安心です。
リビングダイニングそのものを大きく作れなくても、仕切りがない連続した部屋をリビングにつなげて作ることで便利な空間を設けられます。

次に玄関も広く作りましょう。
ベビーカーを広げられるだけの広さがあれば、お出かけがストレスなくできます。
買い物に行く際におむつや離乳食といった、いつもの荷物に赤ちゃん用の荷物が増えるので、玄関が狭いと不便です。
子供の靴や、雨具なども増えていくので、できるだけ広く作ると良いでしょう。

最後にリビングに共有のデスクを作りましょう。
共有のデスクがあると両親の近くで絵本を読んだり宿題をしたり、家族との距離感が縮まります。
また、両親がリビングで作業をしているのを見て、お子さんたちが勉強しやすくなります。
ぜひリビングには共有のデスクを設けましょう。

□子供の発育におすすめの設備とは

子供が成長するためにおすすめの設備を3つご紹介します。

1つ目は庭です。
コロナウイルスによる影響で外に出歩かせたくない今の時代にはぴったりです。
砂場で土遊びをしても良いし、一緒に家庭菜園をして、お世話をすることや食べ物の大切さを学んでも良いでしょう。

2つ目は軒下空間です。
日焼けや天候を気にせず外の空間で遊べることが良い点です。
緑や風、光を感じながら豊かな感性を育みましょう。

3つ目は防音室です。
音楽をさせたい家庭にはぴったりの部屋です。
外に音が響かないので音楽をしなくても、気兼ねなくはしゃぎ回れる場所として作るのも良いでしょう。

□まとめ

子育てに適した住宅の特徴をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
お子さんに最適な環境を準備して、より良い子育てをしていきましょう。
少しでも注文住宅について疑問があればぜひ当社にご相談ください。

注文住宅をお考えの方へ!玄関ポーチを作る際のポイントについて解説します!

リフォームをご検討中の方へ!おすすめの時期についてご紹介します!

関連記事

  1. 坪単価の不都合な秘密 その2

    2019.10.21
  2. キッチンのリフォームをお考えの方必見!失敗例と失敗しないコツをご紹介します!

    2021.04.10
  3. 注文住宅の計画は何から始めると良いかをご紹介します!

    2021.04.22
  4. 使いやすい玄関とは?注文住宅を検討中の方必見です!

    2021.05.19
  5. 注文住宅をお探しの方へ!外観にこだわった家づくりのポイントをご紹介します!

    2021.07.15
  6. 注文住宅をお考えの方へ!ロフトで空間を有効活用しませんか?

    2021.03.25

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP