新着

リフォームを検討中の方へ!外壁をリフォームするタイミングについてご紹介します!

外壁をリフォームしようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
外壁リフォームを検討する際に気になるのはいつするのかですよね。
そこで今回は、外壁をリフォームするタイミングをご紹介します。
外壁リフォームを行う前にぜひ参考にしてみてください。

□外壁のリフォームの目安とは?

外壁のリフォームのタイミングは一般的に10年ほどと言われています。
しかし、これはたくさんある塗料の耐用年数の大体の平均をとった値であり、全ての住宅にあてはまるものではありません。
それでは塗料ごとに耐久年数はどのくらい変わるのでしょうか。

アクリル塗料は5から7年ほど。
ウレタン塗料は8から10年ほど。
シリコン塗料は10から15年ほど。
フッ素塗料は15から20年ほどです。

自宅の外壁に使われている塗料が何なのか一度調べてみましょう。
これらの目安を超えても外壁リフォームを行わない場合、ダメージを受けている部分から雨水が浸入し、壁から建物が腐敗していきます。
そのため、これらの目安を参考に外壁リフォームを行うようにしましょう。

□外壁リフォームを行うべきサインをご紹介!

目安より早くても以下のサインが外壁にあれば外壁リフォームを行いましょう。

1つ目は手で触れたときに白い粉が付く場合です。
これはチョーキング現象といい、外壁が劣化しているサインです。
さらに水に濡れた時に変色する場合も同じ症状が外壁に出ているので、一度確認してみましょう。

2つ目は色あせてきた場合です。
新築時より外壁の色があせてきたと感じたら外壁が劣化している証拠です。
早急に外壁リフォームを行う必要はありませんが、リフォームの目安として見てみましょう。

3つ目はひび割れがある場合です。
特にひび割れの中で3mm以上の長さのものは、そこから水が浸入して外壁が腐ってしまう可能性が出てきます。
そのため、早急に外壁リフォームを検討しましょう。

4つ目は雨漏りがある場合です。
外壁から雨水が浸入している場合、放っておくと住宅全体の耐久度が落ちてしまうので、すぐに外壁リフォームを行いましょう。

5つ目はカビやコケ、汚れがある場合です。
塗料の防水性能が低くなってくるとこれらの汚れが壁につきやすくなります。
壁が汚くなってきたなと思ったら外壁リフォームのサインです。

□まとめ

外壁リフォームのタイミングをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
一度これらのサインが自身の住宅の外壁に現れているのかを確認してみましょう。
これらのサインがあった方や外壁塗装について少しでも疑問がある方はぜひ当社にご質問ください。

FMヤマト『幸せ実現リフォーム』に出演中!

リフォームをお考えの方へ!リフォーム減税について解説します!

関連記事

  1. 和室から洋室にリフォームしてみませんか?使い道が広がります!

    2021.05.11
  2. 住宅のリフォームをお考えの方へ!介護リフォームを成功させるには?

    2021.01.22
  3. 注文住宅を検討中の方必見!スキップフロアについて解説します!

    2021.06.14
  4. 注文住宅をお探しの方へ!外観にこだわった家づくりのポイントをご紹介します!

    2021.07.15
  5. 注文住宅をお探しの方へ!子育てしやすい間取りについてご紹介します!

    2021.07.07
  6. 注文住宅をお探しの方必見!住宅の気密性が大切な理由をご紹介します!

    2021.07.26

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP