新着

リフォームをお考えの方へ!リフォーム減税について解説します!

リフォームをお考えの方に知っていただきたいのがリフォーム減税というものです。
知っているのと知らないのとでは支払うお金に大きく差ができます。
そこで今回は、リフォーム減税について解説するので、リフォームをする前にぜひ参考にしてみてください。

□リフォーム減税とは

リフォームをした方で、一定の要件を工事内容と住宅で満たしていれば確定申告を行うことで、所得税の控除を受理できます。
10年以上のローンなら住宅ローン減税、5年以上のローンならローン型減税、ローンを使用したかに関わらず投資型減税の3つ種類の減税を受けられます。
「確定申告は会社が行ってくれるので自身で行えない」と思わず行ってみましょう。
ちなみに確定申告にはたくさんの種類が必要になってくるので、締め切りが近づいて慌てるのではなく、前もって確実に進めていくと良いでしょう。

どのくらい所得税が控除されるのかというと、大抵住宅ローン残高の1%分を最長10年間程控除されます。
控除額は最大で年間40万円ですから、最大400万円控除可能ということになります。
リフォーム内容によって控除額、期間が変わってきます。

□対象となるリフォーム内容とは

控除対象となるリフォームは以下の5つです。

1つ目は耐震リフォームです。
住宅ローン型の減税は10年から13年受けることができ、投資型は1年間で上限25万円です。
固定資産税も1年だけ半分を軽減できます。

2つ目はバリアフリーリフォームです。
住宅ローン型の減税は耐震リフォームと同じく10年から13年で、ローン型は5年で上限25万円です。
投資型は1年間で20万円が上限で、固定資産税は1年だけ3分の1を軽減してくれます。

3つ目は省エネリフォームです。
住宅ローン型の期間は10年から13年。
ローン型は5年で上限25万円です。
投資型は1年で25万円、固定資産税は1年だけ3分の1を軽減してくれます。

4つ目は同居対応のリフォームです。
ローン型は5年間で上限が25万円。
投資型は1年間で25万円が上限です。

5つ目は長期優良住宅化リフォームです。
ローン型は5年で上限が25万円。
投資型は1年で25万円から105万円。
固定資産税は1年度分を3分の2軽減してくれます。

□まとめ

所得税控除対象となるリフォームをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
これらの例がご自身に当てはまるなら大きくお金を節約するチャンスです。
きちんと確定申告を行い、節約しましょう。
所得税控除についてなにか疑問がありましたらぜひ気軽にご相談ください。

リフォームを検討中の方へ!外壁をリフォームするタイミングについてご紹介します!

関連記事

  1. 和室から洋室にリフォームしてみませんか?使い道が広がります!

    2021.05.11
  2. 注文住宅をご購入予定の方必見!依頼する会社の選び方とは?

    2021.02.25
  3. 坪単価の不都合な秘密 その2

    2019.10.21
  4. 注文住宅を検討中の方必見!スキップフロアについて解説します!

    2021.06.14
  5. 地鎮祭の費用と用意するもの

    2021.08.10
  6. 注文住宅での失敗例とは?後悔しないためのコツをご紹介!

    2021.03.17

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP