新着

注文住宅を検討中の方必見!スキップフロアについて解説します!

注文住宅をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
そのような方には、スキップフロアについて知っておくことをおすすめします。
スキップフロアにはメリットがある反面、注意点もあります。
そこで今回は、スキップフロアについて、その注意点と合わせて解説します。

□スキップフロアとは

スキップフロアとは、1階から2階の間に別の高さの床が設けられた階層のことです。

スキップフロアにはメリットが3つあります。

1つ目は、空間を最大限に活用できることです。
スキップフロアでは、複数の床ができるため床面積を効率的に増やせます。
その増えた床面積を利用して、書斎や趣味の空間などを作ったり収納を増やせたりできます。

2つ目は、3階建ての住宅よりも費用を抑えやすいことです。
3階建ての場合、2階建ての住宅よりも少し手間がかかります。
例えば、構造計算書の提出などです。
さらに、その構造上、費用が2階建てよりも費用がかかりがちです。

一方で、スキップフロアでは2階建てとして住宅を建てると同時に3階建てと同等の床面積を確保できるため、費用を抑えられます。

3つ目は、お子様に喜ばれやすいことです。
秘密基地のような空間ができあがるので、お子様は喜ぶでしょう。
1階から2階の間にある階層の用途はさまざまですが、お子様が楽しむための空間を作るとより喜ばれやすいと言えるでしょう。

□スキップフロアの注意点とは

*空調が行き渡らない

部屋が階段で分けられており壁がないため、その分の部屋の間取りが広くなってしまいます。
その結果、空調が行き渡りにくくなってしまいます。
そのため、空調にコストがかかることや季節によって活用できない箇所ができるということにもつながるでしょう。
このようなことを防ぐためにも、シーリングファンを設置したり、各階ごとに空調を用意したりするなど、空調設備を整えることが大切です。

*階段が多い

スキップフロアは階段が多い間取りです。
そのため、高齢の方やお子様がいらっしゃるご家庭では怪我につながってしまうリスクがあり注意する必要があります。
さらに、デザインによっては階段に壁がない場合や段差が急である場合があるため、あらかじめチェックしておくと安心でしょう。

□まとめ

今回は、スキップフロアについて、その注意点と合わせて解説しました。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてスキップフロアを検討してみてください。
また、当社は注文住宅に関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

ウォークインクローゼットとは?注文住宅をお考えの方へ!

リフォームを検討中の方へ!スケルトンリフォームについて解説します!

関連記事

  1. 水回りのリフォームにはどれくらいの期間が必要?リフォームを行うタイミングもご紹介…

    2021.04.02
  2. 和モダンリフォームの特徴について解説します!

    2021.06.06
  3. 住宅ローン減税(控除)のメリットとデメリット

    2019.02.19
  4. 住宅のリフォームをお考えの方へ!介護リフォームを成功させるには?

    2021.01.22
  5. 照明計画のポイントとは?注文住宅をお考えの方へ向けて!

    2021.05.29
  6. 注文住宅をご検討中の方へ!ペットと暮らすための工夫をご紹介します!

    2021.04.25

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP