子どもの脳力がグンと伸びるニュースレター

朝食はパン派?ごはん派?

朝食はパンかご飯か

よくごはん派とパン派でダイエット論争になったりしますが、今回は別のポイントで違いをみてみましょう。

脳医学者の研究によると朝食にごはんを食べる子どもたちのほうが、菓子パンを食べる子どもたちに比べてIQが高いという結果が出ています。(出典:瀧靖之 「賢い子」に育てる究極のコツ 文響社)

これはGI(グリセミック・インデックス)の低い食品のほうが血糖値が上がりにくく、急激に脳にブドウ糖を送らないので持続的に栄養を得ることにつながるとされています。
実は白米の成分も決してGIは低くないのですが、ごはんはおかずを一緒に摂取することができるので、菓子パンに比べて脳の成長に良いという結果になります。
*これはあくまでも炭水化物の比較で、肉類などのタンパク質やその他の栄養成分の影響は無視しています。

ポイントとしては

1.朝食は必ず摂る(脳にエネルギー補給をする)

2.ごはんを(おかずを)食べるようにする

3.主食はできれば白いものより茶色のもの(玄米や全粒粉)を選ぶ

 

まずは、朝ごはんを毎日摂ることから始めましょうね☺

PAGE TOP