子どもの脳力がグンと伸びるニュースレター

コロナに打ち勝つ!

コロナに打ち勝つ


おはようございます。吉田です。

ついに政府が非常事態宣言を出しました。新型コロナウイルスとの戦いはこれからさらに本格化しそうです。

安倍総理も記者会見の場でおっしゃっていたように、自らの免疫力を上げるためには規則正しい食事と良質な睡眠が効果的であるとすでに実証されています。

このニュースレターでも睡眠については何度も取り上げていますが、ただ眠る時間が長いと良いということではなく、むしろ量よりも質が重要なのです。

☆睡眠のメカニズムをおさらいしてみましょう。

昼間すっきり起きて最大のパフォーマンスを発揮するためには、夜にぐっすりと眠ることが重要です。

脳にとって質の良い睡眠が不可欠ですが、脳は強い光の存在で昼と夜とを判断しています。
そして夜は副交感神経が、昼間は交感神経が優位に働いています。

副交感神経は心身を鎮静状態に導くので身体の休養には不可欠なのですが、交感神経と副交感神経をバランス良く働かせる物質である「セロトニン」が不足すると結果的に免疫力を下げることになります。

「セロトニン」が免疫力アップのキーワードの一つになります。

免疫力を上げるために大切なホルモン「セロトニン」
「幸せホルモン」などと言われている神経伝達物質ですが、この物質の量を増やすことがコロナに打ち勝つ秘策になるかもしれません。

1.規則正しい生活をする

2.十分で質の良い睡眠をとる

3.朝起きたら太陽光をしっかり浴びる

4.適度な運動をする

5.映画などを見て涙を流す

 

ことがどうやらセロトニンを増やす方法だと言われています。
住まいの工夫で言えば、夜に質の良い睡眠ができる環境を用意することはできそうです。
視界に入らないように工夫した照明計画、快適な湿度のコントロール(自然素材を使いましょう)、耳障りな音をシャットアウトする間取りなどはあらかじめ考えておきたいところです。

もうすでに住まいをもっている方でも、調湿機能を持った優れた素材(しっくいパネルやエコカラットなど)をDIYで簡単に導入することができます。枕元からスマホを遠ざける工夫もできそうです。

新型コロナウイルスの特効薬やワクチンができてくれればいいのですが、それまでの間は自分で防御することが大切です。免疫力アップで乗り越えましょう!

PAGE TOP