子どもの脳力がグンと伸びるニュースレター

歯磨きで脳の活性化をしよう

歯磨きで脳を活性化

ルウェーとスウェーデンの大学の技術研究チームが驚くべき発表をしています。

『天然歯が多いほど、記憶力が高い』ということが最新の研究で判明したらしいのです。

一般成人に対して記憶力テストで調査した結果 天然歯(生まれたままの自然の歯)が多いほど記憶能力が高い傾向になったそうです。

噛む力と歯の感覚の違いにより、脳へ送られる信号の量が減ってしまい、広範囲において脳の活性化を阻害する可能性があるということです。
つまり自分の歯でしっかりと噛むことで脳への血流が増えるということですから、将来の記憶力アップのためにも虫歯で天然歯を失わないように日頃の歯磨きの習慣は大切ですね

他の調査でも奥歯の無いマウスは記憶力が低下するなど、アルツハイマー病の症状が悪化しやすいとの報告があるようです。

私は恥ずかしながら今でも歯医者さんに通う状態。
最近記憶力が劣ってきたのは年齢のせいかと思っていましたが、もっと歯を大切にしていたら防げていたかもしれません。子どもたちには歯と正しい歯磨きの大切さを教えてあげなければいけませんね!

子どもの脳力がグンと伸びるニュースレター

  1. 歯磨きで脳の活性化をしよう
  2. 脳内ミュージック
  3. 素足ライフ
  4. 無垢床材の選び方
  5. 無垢床材とは?
過去の脳力ニュースレター
PAGE TOP