fbpx

子どもの脳力がグンと伸びるニュースレター

子ども室よりリビングカウンター

リビングカウンターとはリビングに勉強用のカウンターを取り付けることです。
大抵は壁に面して取り付けます。所要面積はおおよそタタミ一畳です。

それを取り付けて、小さい頃からそこでお勉強をする習慣をつけてはいかがでしょうか。
「ママー」「パパー」と呼べばすぐ返事が帰ってくる距離感です。

ちょっと広めのカウンターにできればお父さんも隣で一緒に仕事ができ、お子さまも安心してお勉強ができます。

ダイニングテーブルや対面キッチンのカウンターでお勉強するパターンもありますが、家事に合わせてお子さまのスケジュールが分断されるのでできれば避けましょう。

勉強台の前には窓がないほうがベターです。
視覚情報が多く集中できないのと、視力が悪くなります。
つけるなら天井近くにカーテンが閉められる高い窓をおすすめします。

また、大人と子どもが共用のカウンターにする場合、子ども用に足置きがあればベストです。
足元がブラブラしていると集中できない傾向があるそうです。

「じゃあ、子ども部屋は要らないの?」

次回はそのことについてお話しします!(^^)

PAGE TOP