子どもの脳力がグンと伸びるニュースレター

子供のお手伝いの効果は?

子供の手伝いは効果的?

家事のお手伝いは「かしこい脳づくり」に効果的です。

手順を考えたり、置き場所を記憶したり、計量したり数えたり指先を使ったりと、お手伝いは脳のあらゆる分野に刺激を与えます。(出典:川島隆太 「頭のよい子に育てるために3歳から15歳のあいだに今すぐ絶対やるべきこと」 アチーブメント出版)

特に配膳のお手伝いは有効です!テーブルに配置するにも何を並べたらよいか、食事を取り分けるときにも人数と量を計算したりと色々と考えることがあります。

大人になると「家事は重労働!」と思うかもしれませんが子どもにとっては遊びと同じ興味の場です。大人が失敗に備え作業を細かく教えてあげたり、お手本を見せてあげるのも良いですね😊

子どもはお手伝いが上達していくと「自分のことをできることは気持ちがいいこと」と満足でき、楽しみながらお手伝いをするようになります。小さなお子さんであれば、遊びの中に家事に結びつく作業(おままごとやお店屋さんごっこ)を取り入れることも良いかもしれません

PAGE TOP