子どもの脳力がグンと伸びるニュースレター

住宅ローンの選び方

今回は脳ではなく住宅ローンのお話です。

ご存知の通り住宅ローンは金利がかかるのですが、「変動金利」と「固定金利」という設定があります。

 

「変動金利」
→半年ごとに経済状況を鑑み金利が変動するもので、住宅ローンの場合たいてい借り始めから5年経過するごとにその瞬間の金利に変わります。

 「固定金利」
→指定した一定の期間金利が固定するもので、例えば10年固定であれば社会情勢に関わらず当初10年間は借りたときの金利から変わらないというものです。

 

「変動金利」は半年ごとに経済状況を鑑み金利が変動するもので、住宅ローンの場合たいてい借り始めから5年経過するごとにその瞬間の金利に変わります。

「固定金利」は指定した一定の期間金利が固定するもので、例えば10年固定であれば社会情勢に関わらず当初10年間は借りたときの金利から変わらないというものです。

「固定金利」の中でも35年間(基本的な住宅ローン返済期間の最長)金利が全く変わらない「フラット35 」という商品があり、金利変動のリスクが最も少ないのでお薦めしています。

全国の銀行や金融機関が取り扱っていますが、取扱店によって金利や手数料が違うので注意が必要です。

住宅金融支援機構の調査では「変動金利」と「固定金利」の利用者は約半々であり、わずかに変動の方が多いようです。

 

特にネット銀行では「変動金利」の現在の金利が0.5%を割るものも販売されており、見かけのお得感があると思います。

実際どっちを選ぶべきでしょうか?

PAGE TOP