新着

和室から洋室にリフォームしてみませんか?使い道が広がります!

「使わなくなった和室をうまく活用したい」
住宅リフォームを検討していて、このようにお考えの方は多いですよね。
そこで今回は、和室から洋室にリフォームする際に知っておきたいポイントを紹介します。

□和室を洋室にリフォームするメリット

ここでは、和室を洋室にリフォームするメリットを3つ紹介します。

1つ目は、掃除が楽になることです。
和室の場合、畳や障子などを定期的にメンテナンスするのが大変ですし、ダニやカビの発生のリスクが高まります。

一方で洋室の場合、和室のようなメンテナンスも必要ありませんし、ダニやカビも発生しにくいため掃除がしやすいでしょう。
そのため、日々の生活が忙しくて掃除ができない方には、洋室へのリフォームが向いているでしょう。

2つ目は、模様替えしやすく、生活スタイルの変化に合わせやすいことです。
洋室の場合、床がフローリングであるため、模様替えが簡単です。
例えば、使わなくなった子供部屋を書斎や寝室にすることが可能です。
つまり、洋室へとリフォームすることで役割のなくなった部屋を活かした空間にできます。

3つ目は、リビングなど、隣接する空間と一体感が生まれて広く感じられることです。
隣の部屋と一体感が生まれると開放的な部屋になるでしょう。
これらの点は、和室の部屋が少し狭いと感じている方には大きなメリットですね。

□洋室にリフォームする際に注意すべきポイント

ここでは、洋室にリフォームする際に注意すべきポイントを2つ紹介します。

まず1点目は、部分的な洋室へのリフォームは中途半端な仕上がりにならないように気をつけることです。
例えば、床をフローリングに変える際、壁や柱が剥き出しの状態になるケースが考えられます。

この場合、和室の要素が強く残ってしまうため、中途半端な仕上がりになりやすいです。
洋室らしいおしゃれな雰囲気にしたい方は、部屋全体をリフォームすると良いでしょう。

2点目は、部屋の広さによって開き戸の利便性が異なるため、広さに合った扉を選ぶ必要があることです。
リフォームする部屋の広さによって必要な扉が変わってきます。

特に、元々の和室が狭い場合は、開き戸にすることで使い勝手が悪くなる可能性があるため注意が必要です。

□まとめ

今回は、和室から洋室にリフォームする際に知っておきたいポイントを紹介しました。
住宅リフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
また、リフォームに関する質問やお悩み等がある方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

抜けない柱にはどう対処する?間取り変更を伴ったリフォームのコツをご紹介します!

注文住宅のデザインは防犯の観点から考えることも重要です!

関連記事

  1. 注文住宅をお探しの方へ!外観にこだわった家づくりのポイントをご紹介します!

    2021.07.15
  2. リフォームを検討中の方へ!スケルトンリフォームについて解説します!

    2021.06.18
  3. 水回りのリフォームにはどれくらいの期間が必要?リフォームを行うタイミングもご紹介…

    2021.04.02
  4. リフォームにはいくらかかる?コストを下げる方法もご紹介!

    2021.03.09
  5. キッチンのリフォームを成功させたい!ポイントを紹介します!

    2021.02.03
  6. 使いやすい玄関とは?注文住宅を検討中の方必見です!

    2021.05.19

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


家価値60年サポート
ライフアップステージ
R+house大和橿原
耐震シェルター レスキュールーム
PAGE TOP