子どもの脳力がグンと伸びるニュースレター

  1. 脳科学と住まいの間取り

    脳科学と住まいの間取り

    私は住まいのお話をするとき、住まいと脳との関係についてよく話すことがあります。「なるほど!」と喜んでもらえることがほとんどですが、一番反応が良いのは「子どもの脳力アップ」と間取りの工夫についてのお話です。当社のお客様には小さいお子様が生まれたばかりまたはこれから生まれる予定のお父さん、お母さんが多く、私たちはトドラーズ世帯と呼んでいるのですが、子育てにアンテナを張っている方が非常に多いです。何度かこのニュースレターでも書きましたが、トドラーズ世帯の床材は絶対に無垢材をオススメします。無垢床材には杉、ヒノキのような針葉樹、またはオークやアカシア、ウォールナットといった広葉樹がよく使われますが、フローリングと違って無垢の床材には吸放湿性があります。赤ちゃんを布団で寝かせる時もそうですが、大人がごろ寝する時や素足で歩く時も、無垢材ならではの爽快感を感じられるのはそ…

    2020.05.26

  2. 脳トレの効果

    脳トレの効果はあるのか?

    長い自宅勤務が続くと、普段やることがないようなことにもチャレンジしてしまうことがあるかもしれません。私も休みの日に息子達とテレビゲームの脳トレをやる機会がありました。隣で見ていると簡単そうに見えてもいざ自分でやってみたらなかなか難しいものですね~果たして脳トレは脳に良い効果をもたらすのでしょうか。これにはいくつかの意見がありまだはっきりしていないことも多いようです。しかし、答えが出ていることもあります。脳トレは脳に、特に「前頭前野の血流を活発にする」ということが脳科学であきらかになっているそうです。前頭前野は人間の記憶力や感情、モチベーションを司ると言われていて、血流が多くなることで情報の処理が活発になり脳の老化を防ぐ可能性があると考えられます。脳に血流を送るということが脳トレの一番大きな効果だと考えると、瞬発ではなく持続的に…

    2020.05.11

  3. 電磁波と睡眠

    電磁波と睡眠

    睡眠の質が脳力に大きく関わることは何度もこのニュースレターでお伝えしていますが、みなさんは枕元で携帯電話やスマートフォンを充電していませんか?眠る前1時間以内はスマートフォンなどのブルーライトを浴びない様にすることは大切ですが、充電中のスマートフォンなどの電子機器は常に電磁波を発生させています。私もそうですが、スマートフォンをめざまし時計がわりにされている方は多いと思いますが、枕元から遠ざけた方が脳へのダメージが少ないそうです。ましてや充電中!なんて人は習慣を変える必要がありそうですよ。ご存知の通り電気が流れるところには電磁波が発生します。頭に一番近づく可能性があるのは携帯電話とスマートフォンでしょう。便利な道具だからこそ、付き合い方には気をつけなければいけませんね…

    2020.05.04

  4. DIY

    家でできるお手軽DIY講座!

    いつも脳科学のエビデンスから住まいづくりのお話をさせていただいていますが、コロナ感染の恐れから止むなくご自宅にいる時間が長くなる方も多いと思います。せっかく家にいるのだから模様替えもこの際に!という方に住まいのプロの視点でいくつか簡単にできるDIYを伝授したいと思います!最も簡単にできるお部屋の模様替えは壁紙ですね。ネットやホームセンターで壁紙貼り替えキットも売っていますが、慣れないとなかなか難しいものです。そこでおすすめなのが「エコカラット」!見た目はタイルのようで今の壁紙の上から貼るだけの壁材です。さらに普通のタイルと違い調湿性や消臭性能に優れていて空気が綺麗になるのを実感できます。ただ、エコカラットは硬いのでカットするのが難しいです。その場合は目地部分をカッターナイフで切りますが、小さめの柄を選ぶのが良いでしょう。で…

    2020.04.24

  5. コロナに打ち勝つ

    コロナに打ち勝つ!

    おはようございます。吉田です。ついに政府が非常事態宣言を出しました。新型コロナウイルスとの戦いはこれからさらに本格化しそうです。安倍総理も記者会見の場でおっしゃっていたように、自らの免疫力を上げるためには規則正しい食事と良質な睡眠が効果的であるとすでに実証されています。このニュースレターでも睡眠については何度も取り上げていますが、ただ眠る時間が長いと良いということではなく、むしろ量よりも質が重要なのです。☆睡眠のメカニズムをおさらいしてみましょう。昼間すっきり起きて最大のパフォーマンスを発揮するためには、夜にぐっすりと眠ることが重要です。脳にとって質の良い睡眠が不可欠ですが、脳は強い光の存在で昼と夜とを判断しています。そして夜は副交感神経が、昼間は交感神経が優位に働いています。副交感神経は心身を鎮静状態に導くので身体の休養には不可…

    2020.04.09

  6. 勉強法

    成績のよい子が実践している勉強法

    前回、十分な睡眠が重要と言うお話をしました。でも子どもが成長するにつれてテスト勉強や受験勉強と言った直面すべき壁があります。睡眠時間を削って朝まで勉強、そんな状況もやむを得ない。そう思っていませんか?それは大きな間違いです睡眠時間は脳の成長に欠かせないものです。成績向上、受験合格を目指すのならば、まず睡眠時間を確保すること。これが一番大切です。勉強した内容は、眠っているあいだに定着します。そしてこの機能は子どもだけでなく大人も同じ原理です。一番効果的な勉強方法は何かを覚えたらそのまま眠ってしまうことです。例えば暗記勉強をしたあとに何か他のことをしてしまうと、せっかく覚えたことが上書きされてしまうので、また眠る前に復習をするということが効果的なのです。あと、テレビやスマホ、パソコンなどは記憶の定着だけでなく、強い光が「メラトニン」という睡眠を促すホルモンの…

    2020.04.02

  7. 睡眠が不足すると脳が縮んでいくって本当?

    子どもの脳の発達に欠かすことができないのが「睡眠」です。充分な睡眠時間をとっている子どもは、慢性的に寝不足な子どもに比べて海馬の体積が大きく、基本的な記憶力も優れているということが脳画像の解析から判明しつつあります。夜遅くまで起きていても元気!こんなお子さんは要注意です。子どもは自分が気づかないうちに睡眠不足状態になりがちです。自分がたとえそう感じていなくても心身ともに大きなストレスになっているということですね。そのため睡眠不足という自覚がなくても海馬の成長は鈍ります。ただしどんな子どもでもたくさん寝れば良い!というわけでもありません。「成長期ごと」の「適正な睡眠時間」というのがあります。いっぱい寝たから脳は成長した、海馬が大きくなった!ということではないので気をつけてくださいね。さて十分な睡眠を取るために、子ども部屋はどのようにしたら良…

    2020.03.30

  8. 子どもにスマホは必要なの?

    以前にこのニュースレターで、ゲームをする子は頭が良くなるとお伝えしました。同じように子どもの頃からスマホに親しんでいる人も多くなっています。私は二人の息子には小学校に入った頃から一定の管理下のもとスマホをもたせていました。理由は防犯(GPS)と好奇心・探究心を満足させるためです。総務省が毎年発表している「青少年のインターネット利用環境実態調査」という調査結果によると、小学生のスマホ所有率は2018年時点で約46%まで増加しています。モバイル社会研究所の調べによると小学一年生でも約30%の所有率となっています。小学生の頃からスマホをもたせることについては議論が分かれますね。多くの意見は「小学生にスマホをもたせるべきではない」ということになるでしょう。原因は視力低下、依存、コミュニケーショントラブル、犯罪に巻き込まれるなどが考えられます。スマホのもっとも便利な部分が…

    2020.03.26

  9. 子供の手伝いは効果的?

    子供のお手伝いの効果は?

    家事のお手伝いは「かしこい脳づくり」に効果的です。手順を考えたり、置き場所を記憶したり、計量したり数えたり指先を使ったりと、お手伝いは脳のあらゆる分野に刺激を与えます。(出典:川島隆太 「頭のよい子に育てるために3歳から15歳のあいだに今すぐ絶対やるべきこと」 アチーブメント出版)特に配膳のお手伝いは有効です!テーブルに配置するにも何を並べたらよいか、食事を取り分けるときにも人数と量を計算したりと色々と考えることがあります。大人になると「家事は重労働!」と思うかもしれませんが子どもにとっては遊びと同じ興味の場です。大人が失敗に備え作業を細かく教えてあげたり、お手本を見せてあげるのも良いですね😊子どもはお手伝いが上達していくと「自分のことをできることは気持ちがいいこと」と満足でき、楽しみながらお手伝いをするようになります。小さなお子さんであれば…

    2020.03.16

  10. 朝ご飯の正しい摂り方

    朝食は摂り方が大切です

    前回朝ごはんの内容について書きましたが、今回は「どのように摂るか」が大切だということをお伝えしたいと思います。皆さんはお子さまと一緒に朝食を食べていますか?実は毎日家族が揃って朝ごはんを食べている家庭は、全体の半数にも満たないそうです。幼い子どもが一人ぼっちでおかずのないごはんを食べている、そんな光景が日本中で至るところにあるのが現実です。食事までの過程も大事な知育です。子どもたちが心身を健全に発達させ、学習意欲をもてるよう家族が揃ってきちんとおかずのある朝ごはんをいただくことがとても大切なことなんです。「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶をしっかりと行い、配膳を一緒にするなど食事までの過程を子どもたちと共有することで、人間関係の作り方や食物の大切など様々なことを教えてあげられます。朝ごはんは一日の始まりを作る大切なコミュニケーションの場なんですね…

    2020.03.12

もっと見る
PAGE TOP