子どもの脳力がグンと伸びるニュースレター

  1. 全期間固定金利をお薦めする理由

    前回私は全期間固定金利であるフラット35 をお薦めしましたが、いちばんの理由は将来のマネープランが立てやすいということです。変動金利なら現在0.5%を切る商品も出ており、見かけ上のお得感がありますが、やはり5年後の金利が判らず、最終の返済計画が立てにくくなります。また今回のコロナ禍が長引けば世界中の経済が悪化し、短期長期とも金利が上がる可能性があります。そういうリスクを考えれば私は長期間金利が固定された方が安心だと思います。まずはいつまとまったお金が必要かを予測し、ご自分の返済スケジュールをしっかりと見つめる必要があります。ただ、どなたにも全期間固定金利をお薦めするわけではありません。将来の金利変動があまりないと確信される方や、短期間で返済を完了したい比較的生活費に余裕がある方は金利が最も低い変動金利が良いでしょう。また、将来金利上昇時に変動金利から固定…

    2020.07.27

  2. 住宅ローンの選び方

    今回は脳ではなく住宅ローンのお話です。ご存知の通り住宅ローンは金利がかかるのですが、「変動金利」と「固定金利」という設定があります。「変動金利」→半年ごとに経済状況を鑑み金利が変動するもので、住宅ローンの場合たいてい借り始めから5年経過するごとにその瞬間の金利に変わります。 「固定金利」→指定した一定の期間金利が固定するもので、例えば10年固定であれば社会情勢に関わらず当初10年間は借りたときの金利から変わらないというものです。「変動金利」は半年ごとに経済状況を鑑み金利が変動するもので、住宅ローンの場合たいてい借り始めから5年経過するごとにその瞬間の金利に変わります。「固定金利」は指定した一定の期間金利が固定するもので、例えば10年固定であれば社会情勢に関わらず当初10年間は借りたときの金利から…

    2020.07.20

  3. 脳と空間認識

    遊びと空間認識能力

    このブログでは、粘土や積み木、それからぬり絵が子どもの能力開発に良いと言い続けていますが、手先を使って細かい作業をするということが、脳と末梢神経との情報量を増やすことに繋がるのですが、それ以外に空間認識能力を高めるという効果も言われています。昔に比べてパソコンやテレビが発達した現在、空間の認識や距離感がつかめなくなる子どもが実際に増えているそうです!大人になっても対面ではなく、メールや動画でのコミュニケーションが増えてきているので、距離感や空間認識能力が改善されないまま社会に出ることも心配ですね。正論や自分の常識を常に当てはめ、相手がどう考えるかに関わらず意見を押し通す人が増えるのも、距離感をうまく測れる人なら是正できるのではないかと考えます。積み木やぬり絵に小さい頃から親しむことは、そういった空間認識能力を身につけるのに最適だと私たちは考えています。…

    2020.07.09

  4. 自分の脳を騙して成功を得よう!

    騙すという単語はネガティブな印象ですが、笑顔を意識してつくることで脳へ良い信号を送ることができるそうです。例えばハードルが苦手な子が、“にっ”と笑ってからスタートを切ればクリアできたり、苦手な計算問題も“にっ”と笑って解くといつもより解けたりするそうです。大人の世界でも、神妙な顔のときより笑顔のときのほうが交渉事がうまくいくことが既に実証されています。実証したのは他でもない、私自身なんですけどね(笑)とにかく、体調が悪くても心配事があっても笑顔を自分で作るだけで、周りも味方にし良い結果が出るのですからやって見る価値ありますよね。しかしエブリタイム笑顔というのはなかなか難しいものです。私の知人は毎日鏡の前で「今日は最高!絶好調!」と3回唱えてから出勤されるそうです。これも脳をうまく騙しているのですね。大きなトラブルは小さくなり、何事もうまく…

    2020.07.06

  5. 歯磨きで脳を活性化

    歯磨きで脳の活性化をしよう

    ノルウェーとスウェーデンの大学の技術研究チームが驚くべき発表をしています。『天然歯が多いほど、記憶力が高い』ということが最新の研究で判明したらしいのです。一般成人に対して記憶力テストで調査した結果 天然歯(生まれたままの自然の歯)が多いほど記憶能力が高い傾向になったそうです。噛む力と歯の感覚の違いにより、脳へ送られる信号の量が減ってしまい、広範囲において脳の活性化を阻害する可能性があるということです。つまり自分の歯でしっかりと噛むことで脳への血流が増えるということですから、将来の記憶力アップのためにも虫歯で天然歯を失わないように日頃の歯磨きの習慣は大切ですね他の調査でも奥歯の無いマウスは記憶力が低下するなど、アルツハイマー病の症状が悪化しやすいとの報告があるようです。私は恥ずかしながら今でも歯医者さんに通う状態。最近記憶力が劣ってきたのは年齢…

    2020.06.18

  6. nounaimusic

    脳内ミュージック

    脳は簡単に騙せてしまうという例をあげます。クラシック音楽をちょっとでも聴いていた方なら誰もが知ってるであろう 歌劇カルメンの『闘牛士の歌』。詳しくない方でもそのメロディは多分ご存知だと思います。この曲は作曲者ビゼーもとても気に入っているフレーズであったようですが、いよいよこのメロディーに差し掛かる!ってところで有名なメロディが流れなかったとき、脳はどうなるのでしょうか?実際に試してみることができます。ロシアの作曲家ロディオン・シチェドリンがバレエのために書いた「カルメン」組曲の中盤で、いよいよあのメロディ!と脳が期待しているのに作曲家のいたずらでメロディが全て休符になっていて耳には全く聞こえてきません。しかし、脳がこの曲を認知しているのであたかも聞こえているかのような錯覚を起こすのです!とても不思議な感覚ですので皆さんも是非試してみてください。…

    2020.06.08

  7. suasilife

    素足ライフ

    今、アーシング(Earthing)がホットなキーワードになっています。アーシングとは、靴も靴下も脱いで素足で大地を感じるように生活することです。身体には静電気が常に帯電されていて、電化製品と同じように身体の電気を地面に逃がすことが健康にも効果があるそうです屋外はともかく家の中で素足で過ごす方は確かに増えています。汗が床について不潔だとか足の裏が汚れるなどという意見もありますが、実際は逆に床面の常在菌の活躍により足裏の湿気やトラブルを予防してくれる役割もあるとされています。スリッパも靴下も履かない室内生活でも、やっぱり無垢の床材は活躍します。余分な湿気を適度に吸収する効果は、ビニール系の床や工業製品のフローリングでは得られないものです。昔から足の裏には身体のすべての部分が集約されていると言われてきました。温泉や銭湯に行くと足つぼマッサージがある…

    2020.06.04

  8. 無垢材

    無垢床材の選び方

    無垢床材はどうやって選べばいいのでしょうか。まず最初に材種選びから考えてみましょう。無垢床材といってもとても多くの材種があり、仕上げによっても多くの選択肢があります。価格もその希少性や加工のしやすさで5倍以上の開きがあります。木目の荒々しさやナチュラル志向の方は針葉樹(杉、ヒノキ、パインなど)を好まれるのではないでしょうか。または広葉樹でもオークやアカシアは個性的で躍動的な木肌が人気です。(そしてこれらは無垢材の中では比較的安いです。)カラフルで個性的な床材をお求めなら断然広葉樹です。黒やグレー、赤や黄色など目を楽しませてくれます。シンプルで木目の少ない薄めの色をご希望なら無地のヒノキやサクラ、バーチ(樺)が良いでしょう。メンテナンスを考えて反りが出にくい厚さ15mm以上の床材を選んでください。無塗装は汚れと傷が目立つので、仕上げはオイル塗装…

    2020.06.01

  9. 無垢材

    無垢床材とは?

    無垢床材には杉やヒノキ、マリティムパインのような針葉樹とアカシアやオーク、サクラ、メープルなどの広葉樹があります。一般的に針葉樹は柔らかくて湿度の吸収力が高いので肌触りが良いと言われ、広葉樹は硬く比較的傷がつきにくいと言えるでしょう。木目が大きく目立つのは針葉樹で、広葉樹はあまり気にならないのもあります。よくフローリングと無垢材という分類をされますが、正しくは床に使われる加工された材料の総称がフローリングです。複数の材料を組み合わせた床材を複層フローリングと言い、一枚の材料でできた床材を単層フローリングと言います。一般に無垢床材は一枚ものなので単層フローリングです。昔から特に単層フローリング(無垢床材)は季節の伸び縮みが多く、床なりがしやすいと言われてきました。床暖房にも不適とされています。現在は裏に溝を加工したり厚みを増したりして改善されていますが…

    2020.05.28

  10. 脳科学と住まいの間取り

    脳科学と住まいの間取り

    私は住まいのお話をするとき、住まいと脳との関係についてよく話すことがあります。「なるほど!」と喜んでもらえることがほとんどですが、一番反応が良いのは「子どもの脳力アップ」と間取りの工夫についてのお話です。当社のお客様には小さいお子様が生まれたばかりまたはこれから生まれる予定のお父さん、お母さんが多く、私たちはトドラーズ世帯と呼んでいるのですが、子育てにアンテナを張っている方が非常に多いです。何度かこのニュースレターでも書きましたが、トドラーズ世帯の床材は絶対に無垢材をオススメします。無垢床材には杉、ヒノキのような針葉樹、またはオークやアカシア、ウォールナットといった広葉樹がよく使われますが、フローリングと違って無垢の床材には吸放湿性があります。赤ちゃんを布団で寝かせる時もそうですが、大人がごろ寝する時や素足で歩く時も、無垢材ならではの爽快感を感じられるのはそ…

    2020.05.26

もっと見る
PAGE TOP